学校法人トキワ松学園 横浜美術大学 Graduation Exhibition Archives 卒業制作アーカイブ

ビジュアルコミュニケーションデザイン

浅野 竜希Asano, Tatsuki

2021優秀賞
Draftori

Illustrator、木、ボード紙、キャンバス

ボックス 195×270×45cm×16点

教員コメント久保 洋子 教授

浅野竜希さんはボードゲームが大好きで、卒業制作では自然保護区にどれだけ鳥を集めることができるかを競うボードゲームの企画制作をしました。ルールはシンプルなのですが、ゲームに使うアイテムであるコマ・各自のボード・コマ袋・コマの皿などの1つ1つのデザインの芸術性が高く、本人が描いたイラストレーションを軸にしたデザインの魅力的な世界観・物語に誰もが引き込まれていく楽しい内容になりました。制作の途中は「作っては修正する」の無限ループのような繰り返しの作業で時間がかかりましたが、そのためプロが作ったかのような完成度の高い作品になりました。卒業制作の大きさとしては小さい方なのですが、完成品を見た教員たちは深く迫力がある作品に驚いていました。浅野さんは卒業後にボードデザインの会社へ就職することが決まっていてボードゲームデザイナーになる予定です。幸運にも自分の一番好きな世界で仕事が出来ることになるようです。